シミの種類とシミ対策を知って肌を明るくしましょう!

顔のシミの原因

鏡を見てシミを見つけたら、ガクッと気分が落ちてしまいますよね。早くシミを消してしまおうと思うものです。そんなシミに種類があるのはご存知ですか?

■シミのメカニズム

細胞の中の核が紫外線を浴びると、細胞が変異して死んでしまったり、皮膚癌を起こすなど悪い影響を与えてしまいます。それを防ぐために、表皮にあるメラノサイトがメラニン色素を作り出して、作り出されたメラニン色素を周りの角化細胞に与えます。

メラニン色素がたくさん作られることによって、紫外線が真皮に届きにくくなります。たくさん作り出されたメラニン色素は肌のターンオーバー(生まれ変わり)によって排出されないと、いつまでも肌に残ることになります。これがシミとなって現れるのです。

メラニン色素を排出させるには肌のターンオーバーを正常にする必要がありますが、乱れてしまうことが多いのです。肌のターンオーバーが乱れる原因として、ストレスやホルモンバランスの乱れ、加齢、紫外線、外部刺激が挙げられます。

■シミの種類

シミと言っても種類があります。代表的なものを紹介します。

・老人性色素斑

境界がはっきりした褐色あるいは黒っぽいシミです。
頬骨や手の甲など紫外線が当たりやすい箇所にできます。大きさとしては米粒大から数センチまで様々です。
中年以降から現れます。

・雀卵斑(そばかす)

頬や鼻周りに小さな茶色の斑点が多く出るシミです。
幼児期から出始めて、思春期になると目立つようになります。遺伝によるものが強いですが、紫外線によって悪化することがあります。

・後天性真皮メラノサイトーシス

頬骨の辺りを中心に、褐色・灰褐色・紫褐色・青みがかった色素斑が増えてくるシミです。
他のシミとは異なり、青あざの一種で、真皮にメラノサイトがある色素病変なのです。

・炎症後色素沈着

ニキビや怪我などで皮膚が炎症を起こした後にできるシミです。肌のターンオーバーを整えれば、次第に薄くなって消えていきます。しかし、紫外線を浴び続けると、色がどんどん濃くなっていきます。

・肝斑

頬骨上や鼻の下、額など左右対称にできるシミです。30〜40歳代に現れ始めて、50歳代後半まで見られます。このシミは女性ホルモンが関係していると考えられており、妊娠中やピルを服用している時にできやすいシミです。

■シミ対策

シミ対策として、紫外線を浴びないこと・保湿すること・体内のケアが重要です。

・紫外線対策

特に、できたシミは紫外線を浴びることで濃くなる場合が多いので、日焼け止めを塗ったり、日傘や手袋でガードするなど肌を紫外線に晒さないことです。

・しっかり保湿

しっかりとした保湿は肌自体の力を上げることに繋がります。肌が十分に保湿されていると、僅かな紫外線に負けない肌になります。特に、美白化粧品をお勧めします。美白化粧品によるスキンケアを行う際には、効果を出そうと強く意識して、成分を強く肌に塗り込むのは肌に負担を掛けてしまうので厳禁です。

・体内のケア

食事やサプリメントによって、美白成分を摂取しましょう。ビタミンCやビタミンEはメラニンの生成を抑制します。食事から摂取することがどうしても難しい場合はサプリメントを利用するのもいいでしょう。ただし、サプリメントばかりに頼らず、できるだけ食事から摂取しましょう。

上記のことを実践してもシミが消えづらい場合は、皮膚科などの医療機関でたずねてみましょう。

シミの種類に合わせた対策を

シミといっても様々な種類があるんですね。シミができても、まずはセルフケアで薄くなるか見てみましょう。どうしても変化が見られない場合は専門家に聞いてみましょう。
顔からシミをなくして、肌も心も明るくしましょう。

ヒルドイドではシミは消せないの?

シミを消す成分

最近よく「ヒルドイドでシミが消えた」と言う話を聞きます。うちの乾燥肌の息子が皮膚科で処方されてくるたびに、奪い取っては乳液代わりに使っているヒルドイド。これを塗ると朝、肌の調子が全然違います。しかも安い!この上シミまで消してくれたらもう他に美容液なんていりません。

でも、シミが消えるって本当なんでしょうか。

■シミができるメカニズム

「肌が紫外線を浴びると、メラノサイトという色素形成細胞が刺激されメラニンを作る」というのが定説ですね。もう少し詳しく言うと、メラニンは最初はチロシンというアミノ酸です。そこにチロシナーゼという酸化酵素が働きかけてメラニンに変化します。

シミ取りや美白が目的のもので「チロシナーゼ抑制作用」「チロシナーゼ阻害」など見聞きしたことがある方もおられると思いますが、チロシナーゼの作用を抑えてメラニンを作れないようにするという仕組みなんですね。

■万能?ヒルドイド

ヒルドイドと言えばまず保湿です。水と結合する作用が強いので、肌から水分を蒸発させにくくします。そして肌がしっかり水分を保持してくれるのでシワも目立たなくなります。
その他では、軽度のやけど、すり傷、しもやけにも効果があります。これは、ヒルドイドが血行を良くし、新陳代謝が高まったことによって傷の治りが早まるためです。

おまけに高保湿なので、ヒルドイドで傷を覆ってしまえば、湿潤療法にも効果的ですね。
何にでも効き目がある気がしてきましたが、ちょっと待って下さい。チロシナーゼ抑制作用については触れられていないんですが…

■シミが消えると誤解された訳

結局、ヒルドイドにチロシナーゼ抑制作用があるという話に辿り着くことはできませんでした。ヒルドイドが持つ血行促進作用が、シミを消すという噂に結びついてしまったのではないでしょうか。

ヒルドイドにより血行促進される→皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を促す→新陳代謝が活発になるとメラニンがどんどん排出される→シミの正体のメラニン色素も排出される→シミが消えた

こんな流れから出た噂だったんじゃないかと考えたんですが、実際はどうだったんでしょう。もちろん薄くできそうになったシミなどには効果はあるのですが、昔からあるシミや濃いシミにはあまり効果がないといえます。

■シミは消せる?消せない?

ヒルドイドにはシミを消す作用はないという結論に辿り着きました。ただ、シミは消せませんが、新陳代謝を促すことで美しい肌を作る作用があることは事実です。使用方法を間違えないこと。過信しないこと。正しく使用するのが美しくなる近道です。

エピステームのHQブライトコンセントレートaで美白を目指す!

化粧品の選び方

シミを見つけてしまうと、ガッカリしてしまいますよね。少しでも早く消したくなって、美白化粧品を手にとる人は多いと思います。そこで、美白成分を高濃度に配合した、エピステームのHQブライトコンセントレートaはいかがでしょうか?

■エピステームのHQブライトコンセントレートaとは?

エピステームとはロート製薬のブランドで、製薬会社の先進技術を応用した商品を販売しています。中でも、ハイドロキノンを配合した美白美容液で、肌へ密着しやすく、かつ、浸透しやすいようにしたものがHQブライトコンセントレートaです。

主な成分としては、美白・整肌成分のハイドロキノンの他に、保湿成分のトコフェロールやツボクサエキス、ビタミンCが配合されています。これらの成分が配合されていることで、角質層へ深く浸透して潤いを与えて、透明感のある肌へ導きます。

また、ストレッチポリマーを使用しているため、肌への密着力が高く、肌にとどまりやすくなっています。HQブライトコンセントレートaは夜のスキンケアで使用します。化粧水や乳液で肌を整えた後に、シミが気になる箇所に優しく塗り込むように馴染ませます。

■ハイドロキノンとは?

シミの原因であるメラニンを生成する酵素チロシナーゼの働きを阻害する作用や、メラニン色素を生成する色素細胞メラノサイトに働いてメラニンが生成されないようにする作用があります。メラニンは酵素チロシナーゼによってどんどん生成されていくうちに酸化されて黒くなります。

ハイドロキノンは還元作用があるので、メラニンが酸化されていくのを阻止することができます。ハイドロキノンの特徴として、これからできるシミを予防するだけでなく、すでにできているシミにも効果があるのです。

■HQブライトコンセントレートaのシミへの効果は?

美白成分であるハイドロキノンが配合されているので、シミに効果があります。手にとったときのテクスチャーがしっかりしているので、シミの箇所にしっかりとどまってくれます。なので、寝ている間に有効成分がしっかり浸透するのです。

ただ、ハイドロキノンは強い成分であるため、塗った箇所が赤くなる人もいるので、塗ったあとの状態をきちんと確認する必要があるでしょう。一瞬でシミが消えるということはありませんが、だいたい1ヶ月でシミがわからないくらい薄くなったという声が多いです。
あと、ベタつき感ないのも好感が持たれています。

■シミへの効果は期待大?

美白成分のハイドロキノンが配合されているということで、シミへの効果が期待できますね。シミに効果的な1本を取り入れて、美白・美肌を目指しましょう!

近赤外線を防ぐ!化粧品でできること

化粧品の選び方

お肌の大敵といえば紫外線を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はお肌に影響を与えているのは紫外線だけではありません。紫外線と同様に不可視光線と言われている光の中の「赤外線」もお肌に影響を与えていることが分かってきました。

■紫外線と赤外線の違いは?

紫外線がお肌に影響を与えると言われているのは、紫外線が肌の深層まで深く入り込んでしまうからです。紫外線が肌の深層まで入り込んでしまうと、肌の内部にダメージを与えることになります。具体的には、メラニン色素を活性化させてシミの原因を作ってしまったり、肌の酸化作用を促進し、肌の老化を促してしまったりすることが分かっています。

しかし赤外線は肌の深部だけではなく、その奥にある筋組織にまで入り込んでしまう事が分かってきました。筋組織まで影響するということは、肌のしわやたるみの原因にもなりうるという事です。つまり、赤外線は、紫外線の様に肌のシミや老化に影響するだけでなく、しわやたるみの原因にもなってしまうのです。

■赤外線を防ぐにはどうしたらよいの?

赤外線はここ数年で注目されてきたものであり、その対処方法は未だ研究途中にあります。赤外線に有効であると言われている日焼け止めクリームが販売されていますが、どれくらい赤外線をブロックすることが出来るのかはまだ明記されていません。

■肌の抗酸化作用を助ける成分の化粧品を選ぶことが大切。

そのため、現時点では赤外線自体をブロックすることよりも、赤外線を浴びてしまった肌をいかに守るのかというところに着目されています。そのためには肌の抗酸化作用を促す成分が豊富に含まれた化粧品を利用することが大切になって来るでしょう。

■抗酸化作用のある成分とは

化粧品の中でも、「ビタミンC誘導体」「フラーレン」「白金ナノコロイド」「プラセンタエキス」「コエンザイムQ10」「アスタキサンチン」と呼ばれる成分が含まれているものは、肌の抗酸化作用に特に長けていることが分かっています。これらの成分が含まれている化粧品を選んで、毎日のお手入れにプラスしてみてください。

■必要以上の太陽光を避けることが大切

太陽光に当たらないと作られないビタミンもあり、太陽光に全く当たらないことはそれはそれで問題になってしまいます。しかし、赤外線や紫外線からの影響を最小限に抑えるためには、必要以上の太陽光を避けることがとても大切です。外出時には肌の露出を抑える等の対策を取るように心がけましょう。

ページの先頭へ