お肌の大敵といえば紫外線を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はお肌に影響を与えているのは紫外線だけではありません。紫外線と同様に不可視光線と言われている光の中の「赤外線」もお肌に影響を与えていることが分かってきました。

■紫外線と赤外線の違いは?

紫外線がお肌に影響を与えると言われているのは、紫外線が肌の深層まで深く入り込んでしまうからです。紫外線が肌の深層まで入り込んでしまうと、肌の内部にダメージを与えることになります。具体的には、メラニン色素を活性化させてシミの原因を作ってしまったり、肌の酸化作用を促進し、肌の老化を促してしまったりすることが分かっています。

しかし赤外線は肌の深部だけではなく、その奥にある筋組織にまで入り込んでしまう事が分かってきました。筋組織まで影響するということは、肌のしわやたるみの原因にもなりうるという事です。つまり、赤外線は、紫外線の様に肌のシミや老化に影響するだけでなく、しわやたるみの原因にもなってしまうのです。

■赤外線を防ぐにはどうしたらよいの?

赤外線はここ数年で注目されてきたものであり、その対処方法は未だ研究途中にあります。赤外線に有効であると言われている日焼け止めクリームが販売されていますが、どれくらい赤外線をブロックすることが出来るのかはまだ明記されていません。

■肌の抗酸化作用を助ける成分の化粧品を選ぶことが大切。

そのため、現時点では赤外線自体をブロックすることよりも、赤外線を浴びてしまった肌をいかに守るのかというところに着目されています。そのためには肌の抗酸化作用を促す成分が豊富に含まれた化粧品を利用することが大切になって来るでしょう。

■抗酸化作用のある成分とは

化粧品の中でも、「ビタミンC誘導体」「フラーレン」「白金ナノコロイド」「プラセンタエキス」「コエンザイムQ10」「アスタキサンチン」と呼ばれる成分が含まれているものは、肌の抗酸化作用に特に長けていることが分かっています。これらの成分が含まれている化粧品を選んで、毎日のお手入れにプラスしてみてください。

■必要以上の太陽光を避けることが大切

太陽光に当たらないと作られないビタミンもあり、太陽光に全く当たらないことはそれはそれで問題になってしまいます。しかし、赤外線や紫外線からの影響を最小限に抑えるためには、必要以上の太陽光を避けることがとても大切です。外出時には肌の露出を抑える等の対策を取るように心がけましょう。