成人女性のほとんどの人が、自分のお肌に対して自信を持つことができていないのではないでしょうか。乾燥肌やオイリー肌など、様々なトラブルで悩んでいる人は多いと思いますが、近年の調査で“ある成分”が女性の肌トラブルの一因になっていることが分かってきました。

それは、私たちの生命に欠かすことができない「酸素」です。酸素は生命を維持していくのに非常に重要な役割を果たしていますが、肌にとっても欠かすことができない成分であることが分かってきました。

この結果は美容業界でも大変注目されており30代以上の女性の90%以上の人が酸素不足で悩まされているという驚くべきデータが産出されました。それでは、一体酸素は肌に対してどのような影響を与えているのでしょうか。

■肌の酸素不足とはどういう状態のこと?

あまり知られていませんが、酸素は肌にも含まれています。これは血流によって運ばれているのですが、肌が酸素不足の状態であるということは血行不良が起きている可能性があるということです。

血流には酸素だけではなく栄養素も一緒になって運ばれているため、酸素が不足していると、健康的な肌に欠かすことができない栄養分も不足していることになります。その結果肌が乾燥し乾燥肌のトラブルを引き起こすことが分かっています。

様々な栄養成分や酸素が不足することで新しい肌を作るだけの力を蓄えることができず、肌のターンオーバーのサイクルが狂ってしまいます。

すると肌に老廃物がたまり、新陳代謝が悪くなります。肌のシミやくすみが消えなくなり、肌トラブルへとつながってしまいます。このように、肌の酸素が不足すると様々な肌トラブルの原因となってしまうのです。

■酸素を補うためにはどうしたらよいのか?

では、不足してしまった酸素を補うにはどのようにしたらよいのでしょうか?その治療として注目されているのは、肌の血行不足を改善することが大切です。そのためには体を温める食事や生活習慣が欠かせません。

まずは体を冷やすような冷たい食事をできるだけ避けることが大切です。朝起きてすぐに白湯を飲むような習慣をつけることも大変効果的です。

体を温めるには入浴方法も大切になっています。シャワーで済ませるのではなく、浴槽にお湯を入れてしっかりと体を温めるような習慣を身につけましょう。発汗作用が期待されるようなバスソルトを利用することもお勧めの方法です。

また、喫煙は血管を収縮させ血行状態を悪くしてしまいます。喫煙の習慣がある人は本数を減らしたり禁煙に挑戦すると肌の血行改善を期待することができます。精神的なストレスも血行不良の原因になると言われているので、ストレスをなるべく貯めないような生活を送ることも大切になります。