鏡を見てシミを見つけたら、ガクッと気分が落ちてしまいますよね。早くシミを消してしまおうと思うものです。そんなシミに種類があるのはご存知ですか?

■シミのメカニズム

細胞の中の核が紫外線を浴びると、細胞が変異して死んでしまったり、皮膚癌を起こすなど悪い影響を与えてしまいます。それを防ぐために、表皮にあるメラノサイトがメラニン色素を作り出して、作り出されたメラニン色素を周りの角化細胞に与えます。

メラニン色素がたくさん作られることによって、紫外線が真皮に届きにくくなります。たくさん作り出されたメラニン色素は肌のターンオーバー(生まれ変わり)によって排出されないと、いつまでも肌に残ることになります。これがシミとなって現れるのです。

メラニン色素を排出させるには肌のターンオーバーを正常にする必要がありますが、乱れてしまうことが多いのです。肌のターンオーバーが乱れる原因として、ストレスやホルモンバランスの乱れ、加齢、紫外線、外部刺激が挙げられます。

■シミの種類

シミと言っても種類があります。代表的なものを紹介します。

・老人性色素斑

境界がはっきりした褐色あるいは黒っぽいシミです。
頬骨や手の甲など紫外線が当たりやすい箇所にできます。大きさとしては米粒大から数センチまで様々です。
中年以降から現れます。

・雀卵斑(そばかす)

頬や鼻周りに小さな茶色の斑点が多く出るシミです。
幼児期から出始めて、思春期になると目立つようになります。遺伝によるものが強いですが、紫外線によって悪化することがあります。

・後天性真皮メラノサイトーシス

頬骨の辺りを中心に、褐色・灰褐色・紫褐色・青みがかった色素斑が増えてくるシミです。
他のシミとは異なり、青あざの一種で、真皮にメラノサイトがある色素病変なのです。

・炎症後色素沈着

ニキビや怪我などで皮膚が炎症を起こした後にできるシミです。肌のターンオーバーを整えれば、次第に薄くなって消えていきます。しかし、紫外線を浴び続けると、色がどんどん濃くなっていきます。

・肝斑

頬骨上や鼻の下、額など左右対称にできるシミです。30〜40歳代に現れ始めて、50歳代後半まで見られます。このシミは女性ホルモンが関係していると考えられており、妊娠中やピルを服用している時にできやすいシミです。

■シミ対策

シミ対策として、紫外線を浴びないこと・保湿すること・体内のケアが重要です。

・紫外線対策

特に、できたシミは紫外線を浴びることで濃くなる場合が多いので、日焼け止めを塗ったり、日傘や手袋でガードするなど肌を紫外線に晒さないことです。

・しっかり保湿

しっかりとした保湿は肌自体の力を上げることに繋がります。肌が十分に保湿されていると、僅かな紫外線に負けない肌になります。特に、美白化粧品をお勧めします。美白化粧品によるスキンケアを行う際には、効果を出そうと強く意識して、成分を強く肌に塗り込むのは肌に負担を掛けてしまうので厳禁です。

・体内のケア

食事やサプリメントによって、美白成分を摂取しましょう。ビタミンCやビタミンEはメラニンの生成を抑制します。食事から摂取することがどうしても難しい場合はサプリメントを利用するのもいいでしょう。ただし、サプリメントばかりに頼らず、できるだけ食事から摂取しましょう。

上記のことを実践してもシミが消えづらい場合は、皮膚科などの医療機関でたずねてみましょう。

シミの種類に合わせた対策を

シミといっても様々な種類があるんですね。シミができても、まずはセルフケアで薄くなるか見てみましょう。どうしても変化が見られない場合は専門家に聞いてみましょう。
顔からシミをなくして、肌も心も明るくしましょう。